一般社団法人 福島県臨床検査技師会 福島県 学会 講演 研修 入会案内

ふくしま

技師会の活動

活動ご案内 過去の活動
公益事業
2017/11/02リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017福島参加報告

県北支部長 菅野茂

日 時:平成29年10月7日(土)14:00~8日(日)12:00

会 場:とうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)

サテライト:福島県立医科大学付属病院 (7日19:00~)

公立岩瀬病院 (7日12:00~)

福島県立医大会津医療センター附属病院 (7日15:45~)

がんサバイバー、その家族、ケアギバー、医療・福祉関係の支援者、福島県臨床検査技師会の他42チームが2日間延べ2000人(内実行委員述べ200名)、とうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)のトラックを開会式から閉会式まで歩き続け、また実行委員、ボランティアがサポートをしました。

イベントスペースでは15:00開会式のあと16:00~アカペラ・日本舞踏・太鼓演舞・ダンス・トランペットなどのイベントがあり、その中で日本対がん教会会長垣添忠生先生による「我が国のがん対策に占める健診の重要性」をテーマとした講演が行われました。

サバイバーとは : リレー・フォー・ライフでは、がんの告知を乗り越え、勇気をもって今を生きているがん患者さんやがん経験者をサバイバーと呼びます。 ケアギバーとは : サバイバーのご家族やご遺族、支援者をケアギバーと呼んでいます。 開会式~サバイバーズラップ~リレーウォーク : リレーイベントの最初の1周は「サバイバーズラッ プ」と呼ばれ、がん告知や闘病を乗り越え、この日を迎えられたことを祝福しがん患者さんやがん経験 者が歩き、それに続きケアギバーが歩きます。

7日10:00準備のボランティアから始まり、14:00受付開始、15:00開会式から8日11:45からのラスト ウォーク、12:00閉会式に続き、後片付けのボランティアが13:00までその後解散といたしました。

2日間(深夜は帰宅)、県北支部会員21名が参加しました。本当にお疲れ様でした。

技師会では組紐ストラップの販売などを行い売上金など6,132円の寄付を致しました。

1

ルミナリエセレモニー : ルミナリエに書いたメッセージがキャンドルの光で浮かび上がります。がんで亡くなった方々をしのび、がんと闘っている人たちを励まします。

臨床検査技師会は深夜一時帰宅しますが、一部のチームでは夜通しウォークをしています。

2 3

翌日の早朝は、信夫山が島のように浮かび福島市が雲海に沈み、すがすがしい、きれいな景色を見ることができました。

4

 朝陽が昇り、空が明るみはじまるとルミナリエの撤収が始まります。

翌日は晴天に恵まれ気持ちよくウォークすることができ閉会を迎えることができました。

56

閉会式の最後に白い鳥型のバルーンを飛ばし終了、その後実行員、ボランティアによる後片付けが始まります。参加した県北支部会員の皆さま、ほんとうにお疲れ様でした。

2017/10/13いわき市立好間第一小学校3年生「手洗い教室感想文」
いわき市立好間第一小学校3年生 手洗い教室-1 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 SKM_C45817100815460 いわき市立好間第一小学校3年生 手洗い教室-17
2016/12/16エイズキャンペーン2016報告

DSC04811

福島県臨床検査技師会公益事業報告

 

 12月1日の世界エイズデーを前にして11月25日(金)、福臨技、郡山市保健所との共催でSTI予防啓発事業「エイズ予防啓発キャンペーン」を実施いたしました。例年、郡山駅前西口広場で開催されるビックツリーページェント・フェスタの点灯式に合わせ、午後4時から啓発グッズの入ったパッケージ1000個を福臨技13名、郡山市保健所5名の総数18名の実務委員で配布しました。パッケージにはSTI啓発パンフ、検査案内チラシ、使い捨てカイロ、ティッシュなどが入っています。今年も開会式前にキャンペーンの実施とエイズの流行状況や検査案内をアナウンスし、集まった多くの市民に広報することが出来ました。また今年からは新たに新調した法被での活動となり、福臨技についてもたくさんの方々にアピールできたかと思います。

天候が心配されましたが、雨に降られることもなく無事にキャンペーンを終えることができました。各支部の皆様ご協力ありがとうございました。

 

                         文責:平山善雄

DSC04794 DSC04809 DSC04795

2016/11/25平成28年度検査と健康展IN FUKUSHIMA報告
今年は、昨年の会場の予約が取れず、イオンフェスタの2Fで行いました。買い物客が多く、初めて袖を通す袢纏に、会員のやる気スイッチが入り、お祭りモードの中開催されました。 新調した袢纏の効果もあり、300部の配布物もスタッフの笑顔と病院の垣根を越えた臨床検査技師の仲間が素晴らしい団結力を見せてくれたお蔭であっという間  に終了することが出来ました。今年は、実行委員会を立ち上げ、県南支部会のイベント委員会の協力のお蔭でスムーズな流れで開催出来たことに感謝申し上げます。また、今回の開催場所は、集客数が多いイオンモールを利用したことで、参加しない方でも、ポスターや検査をしている姿を見た人に臨床検査技師のPRができたと思います。また新聞の開催PRの記事を見た方で、臨床検査技師を目指す高校生が参加し、検査を受けた後に、技師や医師から検査の説明を真剣に聞いていました。このことから、臨床検査技師の職業の認知度を微力ながら上げることが出来たのではないかと考えます。 県南支部会員の皆様そして、公益事業担当理事の皆さんお疲れ様でした。 20161101134423IMG_0166IMG_0164IMG_0198福島県臨床検査技師会公益事業担当  原 田 仁 稔
2016/09/20『リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016福島』への参加報告
『リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016福島』への参加報告を掲載しました。 詳しくはこちら

サイトメニュー一覧

2014(C) Fukushima Association of Medical Technologists All rights reserved.

024-548-1750